印刷を個人でやる場合、大量にあるときは請負業者に依頼することも考えることがあります。実際、オフィス街にはたくさんそのような店が多くあります。そこで、依頼する時の注意点を経験から記述します。まず、依頼するとき、向こうはプロヘッショナルであるため、どんな要求にも応える準備を整えているため、依頼する前に、具体的な内容を確立してから依頼しましょう。そして、その時、その依頼業者の契約約款にも注意しておく必要があります。多くの業者は、免責約款を掲載していますので、損害は自己負担になりかねないからです。次に通販で購入する際のトラブルです。よく、クーリングオフ制度があるから安心だと気を緩める人がいるかもしれませんが、この制度は商品到着後1週間以内に申告しないと認められないとする契約約款を設けている会社が多く、そのような記載も小さく記載されているため、十分注意が必要であり、あらかじめ経験の浅い人は知識がないと大変なことになるため注意が必要です。これらをきをつけて印刷を楽しみましょう。


名刺印刷で依頼して早く安く

今度ネットショップを開業することになりました。今までは、オークションにてコツコツ販売していたんですが、おかげさまで売り上げも順調なので思い切ってみました。オープンにあたり、ショップの名刺や、名入れの封筒等用意したいと思い調べたところ各種印刷にて受注してくれる会社を多数見つけました。数社に見積もり依頼を出し、価格やデザイン面で折り合いがついた会社に製作をお願いすることにしました。名刺や封筒に関してはオリジナルのテンプレートが多数用意されており、そこにこちらの必要事項を入力し枚数やレイアウトの詳細を指定し、希望枚数を伝えるだけですぐに作成してもらえましたので、とてもスピーディーで驚きました。受注してから届くまで1週間かからなかったと思います。また、注文時のデーターをサーバー上で保存しておいてもらえるので、同じものをリピート注文する時は手間もかからずにできるそうです。来店受付と違って24時間いつでもパソコンから注文できるので、日中仕事をしている身にはとてもありがたいです。


印刷は安過ぎますね

印刷と聞くともはやそれが当然と思える業界です。コスト削減を究極まで推し進めた感じがします。私の妻は実はその業界で以前働いていましたから締め切りの大変さをよく話してくれます。常に締めきりに追われる生活で大変じゃないかなと私は思うのです。でも利用する側としては、昔では考えられない低予算で印刷をやってくれるので大変重宝しています。多少の細かいやりとりの面倒があったとしても、それには代えられない安さですね。電話対応がなくてメールのやりとりというと、確かに押し迫った案件はお願いできない事もあります。ですからこちらのすべき事は安定した供給のために、スケジュールを余裕を持ってこなして注文する事です。お金をかけるよりもこの方が、自分の仕事にとっても段取り良く進めるプレッシャーになってむしろいい結果につながっています。

コメントを残す