我が家は保育園に通っている子がいますが、園では持ち物全部に当たり前ですが名前シールを貼らなくてはいけません。最近は100円ショップなどでもシールは売っていますが、同じシールを持っている子が多くなり、せっかく付けていても間違えてしまう事が多々あるそうです。更に荷物も同じ柄の物がある場合が多いのでとにかくオリジナリティーがあるシールが良いと思い色々と調べました。何と子供の写真を小さく印刷しそれを加工してくれて名前も書ける様に印刷してくれる所を見つけました。まさにこれだと思い、小さい子供も自分で見てすぐにわかりますし、先生方も忙しい中、助かると思い即購入しました。とても良い出来で何と3日で完成し、便利でした。娘が付けて行った事で他のママ友さんに人気が出てクラスの半分の子が今では使用する様になった程です。


印刷は手軽でいい

印刷は手軽な方法です。昔はなかった物ですね。ネット通販なら特にいいなと思います。そのほうが手軽に出来るので、重宝出来ます。今ならこの方法で印刷を頼む事のほうが多いと思います。そのほうが手軽だと思います。従来の方法だと電話するかFAXとかでおねがいする事になると思います。それもいいのですが、なかなか意図が伝わらない時もあるので、それでは困った事になります。なので、それを防ぐためにも、ネット通販のほうがより確実だと思います。原稿もそのまま送ることが出来るし、納期も解っていいのではないかと思います。電話したりする事もないので、いつに連絡したらいいのかという心配もないですね。メールでの連絡になると、いつでもいいというのはあります。進捗がよくわかっていいなと思います。より手軽に出来るほうが頼みやすいですね。


季節物の大量のハガキは業者での印刷が便利

近年はインターネットの時代ですので、メールのやり取りで大半の意思疎通は可能です。もはや手書きのハガキに頼る必要は無いようにも思えます。しかし皆無という訳でも無く、年賀状に代表される暑中見舞いや残暑見舞い、クリスマスカードや寒中見舞いなど、年間を通して何度かお世話になる機会がまだあります。共通している事は一度に出す枚数が多い、という事でしょう。そもそもハガキを書く事に慣れていない状態で、大量に書くという事は大変な作業です。そこで大いに便利なサービスが、その各種ハガキの業者による印刷サービスです。インターネットで、その時期に合わせたハガキや候補の文言を選べば、それだけで完成です。勿論自分で文言を入力する事もできます。後は配送されて来るハガキを受け取って、宛名を書いて出せば全て完了となり、実に手軽に大量のハガキが送れます。

コメントを残す

*