子供が生まれると今まで生きてきた時間とはまた違った世界が見えてきます。赤ちゃんを通して見る世界は新しいことの連続です。子供が健やかに成長していく姿は母親としての喜びもひとしおです。家の中で過ごしていた時間から少しずつ外に出るようになると、今までは引かなかった風邪ももらうようになります。そこで、風邪と突発性発疹には見極め方があります。風邪と突発性発疹の病状はほとんど同じで、発熱や鼻水、咳が主な症状で場合によっては下痢になることもあります。突発性発疹の場合、発熱から3日後辺りから身体に赤い発疹が現れ、機嫌が悪くなります。発疹がなくなれば機嫌もよくなりますが、発疹は絶対出るものではなく、出ない場合もあります。赤ちゃんの発熱が初めての場合が多いので、お母さんは戸惑うこともあるでしょう。たくさんの経験をして共に強くなっていきたいですね。

赤ちゃんの原因不明の高熱は、突発性発疹かも

特に風邪の症状もないのに、急に赤ちゃんの体が熱いことに気付き、熱を計ってみたら38~39℃。でも特にグズることもなくいつも通り元気。という場合、突発性発疹かもしれません。突発性発疹は、高熱が出ている最中は発疹や風邪の症状がなく、比較的元気なのが特徴です。3~4日間熱が続いたあと、急に熱が下がり全身に赤い発疹が出ます。生後6ヶ月位から、赤ちゃんはお母さんからもらった免疫が急に減少し病気にかかりやすくなります。時には40℃を超える熱を出してしまうこともあるります。高すぎる熱は、まれに脳炎や脳症を起こすこともありますので、熱が高い場合早めに医療機関で受診をしましょう。38℃程度で元気であれば、下手に外出させずに家でゆっくり休ませても問題ないことが多いです。突発性発疹は、2歳くらいまでの間にかかる子供が多いです。慌てずに対処しましょう。

赤ちゃんの突発性発疹とは。

赤ちゃんの突発性発疹は、高熱と発疹の症状が出ます。一歳未満の赤ちゃんが主にかかります。なぜかというと、免疫力が弱まるからです。母乳などから免疫をもらい病気などから身を守っていますが、6ヶ月頃になると免疫力が弱まります。この突発性発疹の原因は、ヒトヘルペスウイルス6型というウイルスです。ヒトヘルペスウイルス7型もあり、同じような症状が出ます。一度感染すると、免疫がつきますが、二種類あるため一つに感染しても、もう一つに感染することもあるため注意が必要です。そのため、二度同じような症状が起こり得ます。これは感染します。両親などからもらう場合が多いと考えられています。突発性発疹は、一度、高熱が出ます。次に、下がると同時に発疹が出ます。大体一週間程度で症状はおさまるようです。まず、病院など医療機関で受診し、解熱剤などをもらい様子をみると良いようです。

コメントを残す

*